中央区のマンションを売却することにしました

離婚の話を切り出され、財産分与をすることに

結婚して10年が過ぎた頃から、夫婦の会話は少なくなりました。
言葉を交わすのは、朝と晩くらいです。
『おはよう』と『おやすみ』の2言だけでした。
静かな我が家では、コップをテーブルに置く音さえ大きな音で響きました。
そんな時間が何年もあり、ある時、主人から離婚をしたいと申し出がありました。
きっとそんな事を考えているのだろうと思ってはいましたが、実際に言葉で聞くととてもショックなものでした。
とはいえ、もう愛情すらなくなった夫婦が、会話することもなくなった夫婦が、これ以上一緒に生活していても意味がないのかもしれないと思うようになりました。
今住んでいる中央区マンション売却して、財産分与をし、離婚することにしました。
マンションの売却は、中央区の駅前にある不動産会社に依頼しました。
そちらの不動産会社を選んだのは、駅前にある老舗の不動産会社だったからです。
このエリアの多くの人に認知されている不動産会社なら、きっと早い時期にマンションを売却できるのではないかと考えました。
不動産会社には夫婦二人で売却の依頼に行きました。

離婚の話を切り出され、財産分与をすることに二人で行う最後の共同作業これからのために少しでも高く売りたい新しい一歩を踏み出せた